朝立ちするなら自慰しちゃおう

投稿者: | 2020年10月1日

朝立ちするならオナニー

男性あるあるの朝立ち。特に仕事がある日に朝立ちしてしまうと、勃起を抑えるために必死になっている人もいるのではないでしょうか。
そのうち治まるだろうと放置していても、仕事へ行く時間になっても治まっておらずちょっと焦った経験をしたことがある人もいるはず。
実は朝からオナニーするのは、男性の健康にいいといわれています。朝からオナニーすることで、目が覚めて血行促進にもなるから。
そのため朝立ちしてしまった時は、さっさと抜いてしまった方が得策なのです!

朝オナニーは健康に良い?

1日のコンディションが整っていない朝は身体と脳の目覚めが悪く、そのまま不機嫌な気分で仕事に行っているという人もいるのではないでしょうか。
とくにもともと低体温の方は、身体が温まっておらず身体を起こすのも一苦労という人も。
そんな時に朝立ちをしていると、心なしか「えーなんで今?」「まだ朝だぞ…」と思いがち。
しかしオナニーは身体の体温を高めるだけでなく、男性は射精時に幸福感を覚えやすいといわれています。
さらにオナニーより目が覚める事で、その日の仕事の効率が上がるというケースも無きにしも非ずなのです!
さらに前日の夜にオナニーしようと思っていたのに、アダルトビデオを見てもいまいち興奮できず探している間にそのまま寝落ち…なんてこともありますよね。
そんな状況のまま寝てしまったら、朝立ちしてしまうのも当然です。朝から性欲を発散させることは、その日のコンディションを早く整えるだけでなく性欲の発散にもなります。

朝からエッチなことをするメリット

ここでは朝からオナニーするメリットを紹介していきます。メリットと捉えるかは本人次第ですが、朝立ちからのオナニーをして満足感を覚えている人は意外にもたくさんいるのです。
さっそくメリット点をチェックしていきましょう。

★目覚めがよくなる
自慰による性的な興奮によって人間の脳は覚醒します。血液が一気に全身を駆け巡っていくので、眠気を感じている状態からスピーディーに目を覚めさせてくれます。
★日中ムラムラしなくていい
「昨日抜けなかったなあ」「最近抜けてないなあ」と思っている人こそ、日中にムラムラ感を感じやすいもの。ムラムラしてしまうと仕事どころではありません。そのため朝立ちしている時点でパパッと抜いちゃった方がいいのです。
★その日の夜の睡眠の質が上がる
オナニーをした後にすぐ眠くなるという人は、あまりいないのでないでしょうか。上記にも記述したように、オナニーは血流アップするので眠る前に抜くのはあまり向いていないのです。そのため朝の方が適しているといえます。
★好きな人の前でも心の余裕ができる
朝一番に抜いておけば、好きな人と会ったとしても自分自身の性欲を爆発させずに済みます。

デメリットもある

もちろん朝から行なうオナニーは、メリットだけではありません。デメリットもあります。

★予定がある時はゆっくり楽しめない
「オナニーをしている時間くらいゆっくり感じたい」と思っている人には、朝からオナニーは向いていないこともあります。もちろんその日に仕事もなく、予定も入っていなければ存分に楽しめますが朝立ちは毎日来るわけじゃありません。
そのためタイミング悪く朝立ちしてしまったら、抜きたいけど抜けない状況になってしまうのです。
★疲労を感じる人もいる
オナニーをした後、すぐに眠くなってしまう方や倦怠感や疲労感を覚えるようであれば朝からオナニーするのはおすすめできません。
その日のコンディションが余計に悪くなってしまいます。
★急いでいる時には後処理が面倒
射精してしまった後に「後で片付けよう」と、自分の精液がついたティッシュをそのままにしておくと蒸れてしまい部屋中に匂いが充満します。
仕事から帰ってきて早々に自分の部屋が、自分の精液の匂いになっているとテンションが下がります。